排卵検査

最初の病院では、卵の大きさだけを見て、注射をしてっといった感じだったのですが、 転院先の病院では、尿検査で排卵準備ができているかも見てくれるとのこと。

そんなわけで、とりあえずは尿検査。 そして、診察。

最初の病院では、診察室に入ると、じゃぁ診ますからっといきなり診察だったのですが、 転院先の病院では、じっくり話をしてから診察。

血液検査も特に問題はなかったっとのことだったのですが、これも詳しく説明してくださいました。 診察台も、病院で違うようですが、ここは帯広と同じ椅子タイプ。

違うのはカーテンがあり、モニターがカーテンのこちら側にも設置されていること。

なので、本当に全然、緊張もせず。なんというか、リラックスして診察を受けることができました(^^*

卵の状態が良ければ、誘発剤の注射を打って、排卵検査は修了です。

次のページ:人工授精の流れと人工受精後の診察

Copyright (C) 2009 我が家の不妊治療. All Rights Reserved.