不妊治療の薬と副作用

不妊治療の薬「トフォルミン」を処方されました。不妊症の治療としては、案外これ良いんじゃないの?っと 注目を集めている薬らしいです。

卵の質を高めるためのメリットはあるようです。

副作用はわりと少ない方で、人によっては吐き気や下痢、低血糖になって ふらついたりすることがあると言われました。

低血糖に関しては、角砂糖でも1個食べれば治るからとのことでしたが、薬局でブドウ糖を頂いたので、これでokみたいです。

とりあえず、お昼を食べて薬を飲んでみたのですが、 吐き気や下痢はない感じです。

低血糖に関しては、お昼を食べて電車に乗ったら眠気がしました(^^; 本当に眠いのか低血糖なのか微妙で、とりあえず試しに もらったブドウ糖を(^^*

薬の副作用

邪薬や鎮痛剤で眠気に襲われることがあっても それ以上の副作用に悩まされたことはありませんでした。

不妊治療を始めてから、何度か飲んだ排卵誘発剤(クロミッド)も、全然平気でした。

しかし今回の不妊治療の薬はキツイ。 吐き気が強く、食欲はわかないし、 気持ち悪いので寝ようと思ったのですが 気持ちが悪すぎて寝られない。

結局、医者に話をして「アクトス」という薬に変えてもらうことになりました。

8週飲んだころから薬の効果が出てくるとのこと。

8週飲んで、生理を迎えたら、採卵準備スタートです。

次のページ:人工授精の出血と痛み〜顕微受精前の採卵と結果

Copyright (C) 2009 我が家の不妊治療. All Rights Reserved.