インスリン負荷検査

医師は「受精さえすれば、不妊の原因も分かってくるし対策もたてられる、 80%は勝ちなのですが、あなたの場合は、 そこでひっかかってしまっているので、 なんとか、卵の質を高めるために色々やってみなければ いけない」

「でなければ、お金もかかって卵巣も悪くなって、なんだったんだろう? で終わってしまうでしょう?何とかしてさしあげたいと思っているので」

インスリン負荷検査を受けることになりました。 検査の前日22時以降は、物を食べないようにっとのこと だったので、もちろん朝食も抜きです。

インスリン負荷検査当日

まず、血液を採取(6本)で、 ブドウ糖の入った甘い飲み物を飲みます。 この飲み物は好き嫌いがあるようですが、 私にはサイダーのようで、好きな味でした。

1時間後に、採血(3本) 更に1時間後に更に採血(3本)があり、これでインスリン負荷検査は終了です。

左しか血管が出ないので、 3回とも 左から、1回目と2回目の看護師さんが同じ方だったのですが ごく、近い所から採血されたので、まだ、完全ではなかったらしく 最初に挿した方からも出血がありました。

検査結果

血糖値…正常。糖尿病ではありませんでした。

インスリンの数値…食べていないときは正常なのですが、 食べた後(あのサイダーのようなドリンクを飲んだ後) インスリンの値が一気に高くなってしまっている。

通常は50以下の所、78.6(^^; インスリンが高いと言うことは、卵の質っといったところに 問題が出てくるとのこと。 対策として、薬を飲むことになりました。

次のページ:不妊治療の薬と副作用

Copyright (C) 2009 我が家の不妊治療. All Rights Reserved.