不妊治療を終えて

不妊治療の途中で、私たちは犬を飼いはじめました。

4ヶ月のその子は、尻尾をプリプリふって、ペロペロ顔を舐めてきます。 トイレを教え、言葉を教え、ルールを教え、いろんな所へ連れていき。育てたいっという気持ちが満たされていきました。

1歳6ヶ月になったこの子は、私たちの小さな子供になっています。

飼い犬

子供を授かることができたなら、どれほど幸せだったでしょう。

けれど、二人でもしっかり、前を見て生きていけるのです。 幸せに生きていけるのです。

この小さな犬が、子供とは違う幸せを運んでくれるのです。

幸せなんて人それぞれ。 子供がいないならなおさら、しっかりとした絆を深めて 前に進んでいこうと思います。

不妊治療で得た物、失った物〜必ず子供は授かれないけれど

不妊治療というものは、行ったからといって、必ず子供を授かれる物ではありません。

夫婦がお互いに思いやることができなければ、辛いという気持ち だけが残るのも事実です。

ですから、不妊治療を行っている夫婦の周りにいる方は、何も言わないで欲しいのです。

不妊治療をすることも、不妊治療をせずに、二人の生活を選ぶことも。 誰かに言われて決めるのではなく、夫婦で決めさせて欲しいのです。

私たちは不妊治療を始めるのに10年かかりました。でも、この10年という月日も必要な月日であったと考えています。

10年たち、話し合い、不妊検査・不妊治療を始め、得た物は沢山沢山あります。 失った物は、お金くらいでしょうか(^^;

まぁ、得た物の方が多かったので良しとしましょう。

子供が欲しかった。やるだけのことはやった。赤ちゃんを授かれなかったことは、残念だけれど、この人となら前に進める。そう思えたことに、感謝しています。

次のページ:不妊治療中に励ましてくれた言葉

Copyright (C) 2009 我が家の不妊治療. All Rights Reserved.