不妊治療を諦める〜活性剤での受精について

本当に、本当に子供が欲しかった。 でも、残念ながら、不妊治療を諦めることにしました。

1つは、採卵がきつくなってきたこと。 痛くても、苦しくても、辛くても、受精してくれるなら 頑張れるのですが、いつまで続ければ良いのだろうと 思うと頑張れなくなっている自分がいました。

そして、不妊治療を諦めた最大の理由は、私の受けている治療は通常のものではなく 活性剤を使用しての不妊治療であるということだからです。

活性剤を使って受精したとしても、とりあえず倫理委員会にかけなくては ならず、お腹にもどすのは、その委員会を通ってからなのです。

倫理委員会を通すっということは、それなりのリスクがあるからなのです。

もしこれが、自分のことであれば、どんな結果になっても後悔しない自信があるのですが、もしも、私たちがここまでして、人工受精させたために子供が何かしらの障害を持って生まれてきてしまったら…

どれほど子供に謝っても許されない気がするのです。

やるだけのことはやった。 もう、いいではないか。 不妊治療は終わりにしたいと思います。

そう言いながらも、本当にここで終わりにして良かったのかと 胸が詰まりました。

次のページ:不妊治療と夫婦の問題

Copyright (C) 2009 我が家の不妊治療. All Rights Reserved.