初めての不妊検査

まず不妊検査では、初めに通常の子宮の検査を受けます。 ここで私は、小さな筋腫がみつかりました。 ただし、これは悪性のものでもないし妊娠に さしさわりのあるほどのものでもないとの 診断を受け、子宮卵管造影というものの 検査を行いましょうと説明を受けました。

子宮卵管造影検査の痛み

子宮卵管造影検査っというのは、 その名の通り、卵管に造影剤を遠し 卵管が通っているのか確認する検査です。

私が受けた病院では、特に何も使わなかったのですが、いろんな方の不妊治療関係のブログや日記には痛み止めを使っても痛くて、なんて記述もあり、不妊検査を受ける前から ドキドキで……

レントゲン室に入る前の検査で、もうガクガクブルブル。

「泣きそうな顔をしているけど大丈夫?」 っと先生に(^^;

そりゃーーー、不安ですよ。 怖いですよ。 それに痛みが加わればねぇ(涙)

「鈍痛って感じでしょ?」と医者には言われましたが、いや、結構な痛みですよぉ。 お腹を壊したときのような(^^; まぁ、そんな痛みです。

子宮卵管造影検査の結果と男性不妊検査の結果

とりあえず、子宮卵管造影検査では、問題はみつかりませんでした。

子宮卵管造影検査は、翌日もレントゲン検査に行かなければ いけません。 翌日の検査はレントゲンをとって造影剤がきちんと通っているか みるだけなので、特に怖いこともなく(^^;

夫の方は、精子数と運動率が低い→自然にできないわけではない。

ということで、 ギリギリボーダーライン。

高齢なので、人工授精をすることに

人工授精を進めるけれど、今回は、造影検査もしているので、「自然妊娠できる」とのことだったのですが、私が高齢であるということをお話し、積極的に不妊治療をすることに。

人工授精で大丈夫。体外受精までは考える必要はないですよぉっとの医師の言葉に 「なぁんだ。そっかぁ。じゃぁもう、すぐに妊娠できるんだなぁ。」

このときは、気軽に妊娠できると考えていたのでした。

次のページ:妊娠したい方、不妊治療中の方にオススメグッズと本の紹介

Copyright (C) 2009 我が家の不妊治療. All Rights Reserved.